金運 財布

幸福を呼び寄せる金運アップ財布で気分を一新してみよう

金運が上がるおすすめ財布は?買う日や使い方で運気は変わる?

 

人生に大切なのはお金だけではありませんが、それでもたくさんあって困るというものでもありません。逆にお金がないと困る事の方が多いのですから、金運をアップしたい方は多いですし、できればお金で苦労はしたくないというのが本音だと思います。

 

 

お金だけでは幸せになれないという話もありますが、お金があれば大抵の事を解決できるという事もまた事実。

 

 

筆者としてはお金はあるに越した事はないという考えが根本にあるので、お金については大好きだと言い切っています。

 

 

金運アップというと、パワースポットに出かけたりお守りを入れたりする方法がありますが、もっとも効果的なのはお財布にこだわり、お金に関する良い習慣を身に着ける事です。お金を直接入れるお財布は、、使い始めるタイミングなどによって幸福を呼び寄せてくれるというのは昔から言われており、お金持ちの方は例外なくお財布にこだわりを持っているものです。

 

 

本ページはお金に苦労しない幸せなお金持ちの方々の持っている財布やあらゆる財布に関する書籍を参考に、財布に関する習慣や金運アップするための財布のルールについて記しています。

 

 

筆者自身、お金というものについてはもともと多くを知っていたわけではありませんが、あらゆるお金持ちの方々の財布を見たり、や財布に関連する書籍を読む事により、お金に愛される人たちが実践している一定のルールや基準というものが存在する事を知る事ができ、自分自身の金運アップに繋げる事ができていると感じています。そのような経験から本ページを開設するに至り、今なお財布の習慣について勉強し実践を続けています。

 

 

ここで、私が財布について勉強した事によって知った驚きだった事実を一つお伝えしたいと思います。

 

よくお財布は、自分の好きな色やデザイン、使い勝手などこだわり抜いて選ぶのが一般的なので、お気に入りの財布をずっと使っている!!と言っている人がいます。そういった人は男女限らず一定数存在し、決して珍しい事ではありません。

 

 

多少痛んでいようがお気に入りの財布を見つけたということで10年単位で使用している人なんてのも結構な数でいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

しかし、そのこだわりがあるが故に財布を買い替えできないでいるというなら、もしかしたらそれは悪習慣かもしれません。

 

 

なぜなら、金運アップを目指したいならお財布は定期的に買い替える方が良いと言われているからです。

 

それも3年ごとぐらいに買い替えるのがベスト!!だと言われており、これはお金持ちの人にほぼほぼ共通する習慣です。もちろん財布に関する本を読むと記載されている言葉はまちまちですが、9割がたの本にこの事が書いてあります。

 

しかし、お気に入りの財布を選んだのにすぐ買い替えていてはもったいない!!という精神が働くのも確かです。特に高級ブランドのお財布は高額なので、簡単に買い換えることはできませんよね。ですが、お財布には寿命があって、3年ほど使い続けたものは買い換えた方が良いと言われている事実は変わらないのです。

 

 

 

壊れていないのに買い換えるのはもったいない、という気持ちもあるでしょう。しかし、パッと見はそれほど傷んでいなくても、毎日使うものですから糸がほつれていたり、金具がさびていたり、四隅がぼろぼろに擦れていたりします。

 

金運が上がるおすすめ財布は?買う日や使い方で運気は変わる?

 

大事に使っていても、出し入れの多いお財布はどうしてもくたびれてしまうものです。お財布はお金の家となるものですから、くたびれた状態のお財布を使い続けていると、お金は不快な環境で過ごすことになるため、どんどん逃げていきます。

 

 

 

つまり財布の状態によって金運が下がってしまうのです。ぼろぼろのお財布を使っていると、第三者から貧乏臭いイメージを持たれたり、貧相な印象を与えることになります。

 

 

上記のような事実については、お財布を家に例えてみるとわかりやすいですが、一軒家でもマンションでも屋根に穴があいてしまったらすぐに修理しますし、ドアの立て付けが悪かったらすぐに直す人がほとんどだと思います。それと同じことが財布についても言う事が出来、財布はお金にとっての家なので定期的に見直すということはお金を大切に扱う上で大変重要な事となります。

 

 

 

また、特に目立つ傷みがないとしても、お財布のエネルギーは約1000日でなくなってしまいます。これではどんなに仕事を頑張っても、パワースポットで金運アップをお願いしても幸福は舞い込みません。

 

 

 

使い続けた財布は、使った年数だけ寝かせておけばもう一度使えるようになるので、思い切って買い換え新しい金運を呼び込む事をおすすめします。

 

 

 

ちなみに、お財布を買い換えるのは春がベストです。お金で財布がパンパンに膨らむ、財布が張る(春)という意味があることから、12月21日の冬至から2月18日の雨水ぐらいに買い換えるのが効果的だと言われています。

 

 

 

といっても、人や地域によって春の解釈は違うので、特に日付を気にする必要はありません。暖かくなってきたら、財布を金運アップ財布に買い換えて気分を一新することが、幸福を呼び寄せるポイントになるので検討してみてください。

 

時間がなくてもこれだけは押さえておきたい財布のルール

本ホームページ内では多くの財布のルールについて説明しています。

 

が、なかなか全てを読む時間がないという人も多いのではないかと思いますので、財布を選ぶ上でこれだけは押さえておきたいポイントをまとめました。

 

以下にまとめたポイントはほぼ全ての財布に関連する本に共通して書かれている事項で、お金持ちの方々が意識しているしていないにしろ実践している内容となります。

 

財布を買い替える上で以下のポイントさえ押さえていく事ができれば金運にもいい影響を与えるので、自分の財布をチェックする時や財布を買い替える指針にして頂ければと思います。

 

財布の外側の色は赤、青、黄の信号色ではない色を持つ

財布の色でNGなのは赤、青、黄色の3色になります。

 

それぞれの色についてNGな詳しい理由は以下のページで説明しますが、赤は赤字のイメージや火の気質を持つ為、青はその色の通り水の気質を持ち、流すイメージがある為、黄色は高揚感があるため派手につかってしまう可能性がある為と覚えておいてください。

 

関連記事:金運財布の選び方としてNGな色選択の例に注意しよう

 

黄色については金運財布としてはおすすめの色とされている事が多いですが、真っ黄色の財布はお金が入ってくる以上にどんどん使ってしまう色となりますため茶系や白系の黄色とした方が良いのです。

 

また外側は黒やグレー、白といった色で内側は黄色の財布は金運アップにもってこいの色なのでおすすめです。

 

選ぶなら上記のような内側が黄色の財布がおすすめです。

 

 

財布の材質は布やビニール、ナイロンを避け、革を選ぶ

色の次に気になる財布の材質についてはよく牛革やクロコダイルが良いと言われます。また象革や蛇革なんかも金運財布として持つにはおすすめです。

 

この中でも特におすすめなのが上質な牛革との事で、持ち主の格を上げてくれるだけでなく多くの運を連れてきてくれる素材となります。

 

逆に避けたいのが布やビニール、ナイロンといった材質。

 

特にビニールは火の気質を持つため、お金を燃やしてしまうことから絶対に避けた方がいい材質と言えます。

 

上質な革の財布を探しに行く

 

 

レシートやポイントカードなどお金に関係ないものでパンパンな財布はNG

財布には入れてはならないものが存在しています。

 

その代表となるものがレシートやポイントカードなどのお金に関係ないもの

 

レシートはお釣りと一緒にもらう事が多いのでつい財布に入れてしまいがちですが、財布に入れた場合は帰宅後に必ず財布から出して保管するようにしましょう。

 

ポイントカードについても同じくで、不要なカードは入れておかない事が望ましいですし、可能であればカードホルダーを別にもってそちらで管理して持ち運ぶ方がいいとされています。

 

その他に交通系のICカードやお守りなども入れておかない方がいいものの一つとなります。

 

関連記事:金運財布には入れてはいけない物がある?効果を下げない方法とは

 

派手な柄はお金が逃げるので、落ち着いた色合いのものを選ぶ

財布の色だけでなく柄にも気を付けて選ぶようにしましょう。

 

花柄の財布は人間関係や恋愛運をアップさせてくれますが、その分交際費がかかる事になるためお金をためるというよりは回したい人におすすめです。

 

そのため、散財癖がある人にとっては鬼門にもなりやすいので避けた方が無難です。

 

ピンクの花は人間関係全般、赤い花は仕事関係が広がるといった花の色によっても効果が違います。

 

また、大きな花は大きな結果に、小さな花は控えめな結果に作用するとの事なので自分が得たい効果にあわせて大きさを選ぶようにした方がいいです。

 

他にもストライプ柄は細いストライプだとお金が落ち着かずに逃げて行ってしまうので、選ぶなら太いストライプ柄のものを。

 

ヒョウ柄やゼブラ柄といったアニマル柄の財布については控えめな色なら〇との事なので、派手すぎない柄を選ぶ事でお金が定着します。

 

いずれにせよ派手すぎる柄はお金が落ち着かずに逃げて行ってしまうので、あまり派手すぎない柄を選ぶ方がおススメです。

 

モチーフを選ぶなら八角形や連続模様を選ぶ

財布にモチーフがついているものや模様のあるものを選ぶなら八角形や連続模様のものがおすすめです。その他にも馬蹄や逆三角形といったモチーフもお金を呼び込んでくれるためおすすめ。

 

特に連続模様というのはコツコツとお金が積み重なるといった意味を持っており、らせん状の渦巻きやひらがなの「の」の字が連なっているような模様は財布にピッタリと言えます。

 

 

少し自分の身の丈にあっておらず「高いかな?」と思う財布を使う

財布には将来の自分が反映されるので、その時点では「少し高いかな?」と思った身の丈にあっていない財布を持つ事がおすすめです。

 

財布の寿命が3年程度だという事を考えると「3年後にどれぐらいの自分になっていたいのか?」ということをイメージしながら選ぶ方が良いとのことで、自分の目標とする姿を描きながら3年後の自分が持っていてしっくりとくる財布を選ぶことをおすすめします。

 

現時点では「分不相応かな?」と思っていても、3年後にしっくりとくる姿になるんだという心意気で購入する事が望ましいです。そういった意味ではブランド物の財布というのは非常に強力なパワーを持っている金運財布と言えます。

 

ただ、現時点であまりにかけ離れて持っていてしっくりと来ない財布や高望みしすぎている財布というのは辞めるようにしましょう。

 

それらの財布は今の自分が持っていて気持ち悪い状態となってしまい悪影響を与えると共に、現時点での購入時に手元に現金が残らない事にも繋がりますのでお金が手元の残らない状態を招いてしまいます。

 

あくまでイメージできる範囲の3年後の自分にふさわしい財布を選ぶという事がポイントです。

 

気に入ったお財布を使う

全てに共通する事ですが必ず自分が気に入った財布を使うようにしましょう。

 

財布を気に入っていないという事は家を気に入っていないという事と同じこと。居心地が悪い状態となってしまいますので、財布からお金が逃げて行ってしまいます。

 

上述したような条件を満たしつつもお金にとっても自分にとっても気に入った居心地の良い財布を使う事が金運を呼び込むポイントとなります。